婦人

しつこい偏頭痛の元凶は生活習慣にあった!

便利なサプリで手軽に

お腹に触れる人

エクオールは大豆が持つダイゼインという物質と、腸内に生息するエクオール産生菌とが反応して生み出される物質です。エクオールには女性ホルモンと同様の性質があるので、ホルモンの乱れに由来する女性の悩みを改善するのに役立ちます。

もっと読む

血流や皮膚病に効果

ウーマン

丹羽SODは健康食品ですから、副作用などは少ないか、気にしなくてもよいくらいです。医学だけでは治りにくい病気に効果にも効果がありますが、さらに一般的なこととして、血流を改善して皮膚に良いので美容に効果があることがあげられます。

もっと読む

バランスの良い総合栄養食

錠剤

藻の一種であるミドリムシはユーグレナとも言われており、人間に必要な栄養素を数多く含んでいます。サプリメントで摂取することが可能ですが、粉末状のものや飲用できるものまで、その種類は豊富です。配合成分の一つであるパラミノンには、便秘を解消してくれる効果もあります。

もっと読む

慢性的な頭痛

頭痛

頭痛のタイプ

「ズキズキ」、「ガンガン」、「ギュー」、これは頭痛の痛みを表す擬音語です。15歳以上の大人の3人に1人は、慢性的な頭痛もちです。慢性的な頭痛というのは、脳そのものには欠陥がないのに頭が痛くなる状態をさします。症状と原因の違いから「偏頭痛」と「緊張型頭痛」の二つにタイプわけされます。「偏頭痛」の症状は、ズキンズキンと心臓のドキドキと合わせて強く痛むのが特徴です。痛みが強く、日常生活に支障が出ることもあります。また痛みとともに、吐き気や、下痢などを伴ったり、音や光や気圧などの外的刺激に敏感になるなどの症状が一緒にでることがあります。原因は、頭の血管が急激に拡張することで、頭の神経を圧迫することです。ストレスから解放されたり、光やにおい、音、気圧、寝不足などの体調不良、女性ホルモンや自律神経の乱れが誘因になることがあります。「緊張型頭痛」というのは、精神的や身体的ストレスから起きることが多く、後頭部が締め付けられるようにギューッと痛みます。偏頭痛のような下痢や吐き気などは一緒におきません。頭痛が起きて注意すべきことは、脳そのものや体に疾患がないのか、きちんと原因を追究することです。

食べ物との関係

何か、食べ物で頭痛を防ぐことはできないでしょうか。慢性頭痛のうちの「偏頭痛」に絞って食べ物と頭痛について書いてみます。偏頭痛を防ぐ食べ物の特徴については、「マグネシウム」や「ビタミンB2」を含む食品を摂取すると効果があるといわれています。マグネシウムでは、大豆性食品やゴマ、ナッツ類、海藻類、緑黄色野菜に多く含まれます。また、ビタミンB2は、レバーや鰻、乳製品、納豆、ほうれん草などに多く含まれるようです。また逆に、血管を拡張させるような食品は頭痛を引き起こしやすくなるので注意が必要です。チョコレートやココア、赤ワインのようにポリフェノールを含む食べ物や、硝酸ナトリウムが含まれているハムやベーコン、チラミンが含まれるチーズなどが拡張しやすくなるといわれています。また体質によって合う食品、合わない食品があるので、「頭痛日記」をつけてみて、食生活と頭痛との関連を調べてみるとよいでしょう。食べ物でなかなか改善されない場合は、栄養が不足している可能性もあるのでサプリメントを服用すると良いです。サプリメントであれば手軽に摂取することができる他、必要な量をしっかりと摂ることが可能だといえます。

このエントリーをはてなブックマークに追加